住宅ローンが払えない悩みを解決|借り入れお悩み相談室

金利に注目

金色のカード

カードローンはとても便利な存在ですが、しっかりと金利に注目して選ぶことが大切です。低金利のカードローンが利用できれば、お得にお金を借りることができます。金利に注目したいという人には銀行が人気です。銀行の中から自分に合ったカードローンを探してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

長期的なローン向き

一軒家の模型

色々なローンがある中でも不動産担保ローンは低金利であるというのが大きな特徴です。そのため、大口の借入や長期的なローンを組む際に向いています。メリットの多い不動産担保ローンですが、不動産を担保としているために不動産を失う可能性や担保割れが起きることもありますので、計画的に利用する必要があります。

もっと読む

金融機関でお金を借りる

通帳と電卓と紙幣

カードローンとは、お金を借りて分割で返済するシステムのことで、返済方法は自分に合った方法を選べます。申し込みは金融機関の窓口またはネットから行います。審査では収入と信用情報を見られ、収入が無いとか、信用情報にブラックがある時が審査に通りません。また消費者金融では、総量規制にも注意しましょう。

もっと読む

ローンが払えなくなったら

家

支払いができなくなったら

突然の収入減で住宅ローンの払えないという人が増えています。収入の増加も見込めず日々の生活で精いっぱいとなって住宅ローンが払えないという場面に直面したらどのように対処したらよいのでしょうか。住宅ローンが払えない状態が数か月続くとローン残金を全額支払ってくださいと督促がきます、督促にも応じない場合には競売にかけられてしまう恐れがあります。競売にかけられる前にファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して生活費などの見直しを行ってどうにかして払えないかを考えます。また金融機関に相談すると住宅ローンの借り換えができないかそのほかの方法で解決できないかを一緒に考えてくれます。払えない状況をそのままにせずになんとかできないか考えるようにしましょう。そのほかに競売ではなく任意売却という方法もとることができます。

任意売却とは

任意売却は金融機関が強制的に売り出す競売とは違い、持ち主が自発的に売りに出す方法です。勝手に売ることができるのではなく、債権者である金融機関や保証人の同意を得て売りに出します。売りに出して得たお金でローンの返済をします。基本的に家を手放してしまうことになりますが、返済に充てることができる金額が競売よりも多くなるという特徴があります。競売は市場価格の5割から7割程度の売却価格になりますが、任意売却であれば市場価格に近い金額で売ることができるためです。売ったお金で当面の生活費や引っ越し代を出すこともできるので安心して売りに出すことができます。マンションの場合、滞納していた管理費や修繕費などもねん出することができます。