住宅ローンが払えない悩みを解決|借り入れお悩み相談室

金利に注目

金色のカード

支払額にも影響

カードローンは、ローンカードを持っていればいつでも利用限度額内でお金を借りることができ、とても便利な存在です。消費者金融も銀行も、どちらもコンビニATMで借入をすることができ、出先で急にお金が必要になったときでもすぐに用立てることができます。このカードローンを申し込む時には金利に注目する必要があります。消費者金融での最大金利が18%程度に対し、銀行では15%程度が平均的な金利となっています。18%の金利で50万円を30日間借りた場合には利息だけで7,397円、15%なら6,164円、10%なら4,109円なります。この利息の差は返済額にも大きな差となって現れます。カードローンを選ぶ時には、この金利に注目して選ぶことが大切です。

銀行が人気

低金利のカードローンといえば銀行です。少しでもお得にお金を借りたいと考えている人には人気となっています。この銀行同士を比べても金利に差があります。平均的な金利は14〜15%程度となっているのですが、ネット銀行の中には最大金利が10%を切るような低金利でカードローンを提供しているところもあります。低金利のカードローンを選べば、完済した時の返済総額にも大きな差となります。企業によって金利だけでなく、様々なサービスの違いがあります。人によって何をお得と感じるかは違いがありますが、低金利のカードローンは誰でもお得と感じるのではないでしょうか。銀行でも即日融資が可能なところも多く、自分にとって最適な銀行を選ぶことで頼れる存在となります。